パナソニックホームズは寒い?住み始めて2回の冬を越した感想を紹介

パナソニックホームズや、ほかの鉄骨住宅で気になるのが「冬の寒さ」です。

パナオ
パナオ

パナソニックホームズは寒いの?

どうすれば寒くなくなるの?

このような疑問をお持ちの方もいるでしょう。

家が寒いと冬の日常生活にも大きな支障が出てきます。

そこで今回は、実際にパナソニックホームズに住み始めて2度の冬を暮らした筆者がリアルなお話をしていきます。

今回の記事で分かること

・パナソニックホームズの冬の寒さのリアル

・パナソニックホームズが冬が寒い理由

・パナソニックホームズでの寒さ対策

結論ですが、全館空調(エアロハス)がないと冬は寒いです。

パナソニックホームズの寒さについて気になる方は、ぜひ最後まで読み進めてもらってハウスメーカー選びの参考にしてください。

ほかにも家作りを検討されている方はこちらの記事も有益ですのでぜひ参考にしてみてください。

我が家のスペック

我が家のスペックを紹介します。

  • 家:パナソニックホームズ カサートC
  • 建物:2階建て
  • 延べ床面積:120.68㎡(36.50坪)
  • 構造:鉄骨造
  • 換気システム:エコナビ搭載換気システム(エアロハス非搭載)

我が家ではコスト面の問題もあって換気システムに全館空調を搭載しませんでした。

エアロハスを採用しなかったことが寒さの要因に繋がっているともいえます。

パナソニックホームズは寒いのか?

パナソニックホームズは床下の空気を取り入れてHEPAフィルターを通して部屋の中に循環するという空調システムを採用しています。

パナソニックホームズHPより引用
パナソニックホームズ HPより引用

床下の空気の特徴として夏は外気より冷たく、冬は外気より暖かく安定しています。

その床下の空気を利用して、室内の温度を保つのがパナソニックホームズの最大の特徴です。

冬は普通に寒い

これはあくまで個人的な感想にもなりますが、

ぶっちゃけ寒いです。

記録はありませんが、暖房をつけないと冬の室内は1桁代の温度になることもあります。

床下の空気を利用して室温をコントロールすることがパナソニックホームズの特徴でした。

しかし、床下の空気だけでは室温を維持するには不十分だといえます。

もちろん外よりは暖かいですが、「思ったよりも寒かった」というのが正直な感想です。

ちなみに冬は暖房をフル活用するため、やはり電気代はかさんでいます。

夏場は涼しい

昨年と今年で夏は過ごしていますが、夏場は本当に快適です。

夏が快適に過ごせる要因として、

  • 床下の冷熱を換気口から取り入れてくれるため
  • 標準仕様の珪藻土のクロスで部屋の湿度が調節してくれるため

とくに床下の空気は、夏でも熱されにくいという大きな特徴があります。

床下の「冷熱コントロール」クロスの「湿度コントロール」という2点が標準仕様で備わっているため、パナソニックホームズの夏は快適です。

ちなみに夏場はエアコンの使用も抑えられるため、冬と比較して電気代は安くおさまっています。

なぜ寒いのか?

パナソニックホームズの冬が寒くなってしまう理由について紹介します。

冬は床下の空気で温度を維持するのは不可能

床下の空気の周りは熱伝導率の高いコンクリートで覆われています。

熱伝導率が高いコンクリートは外気に触れることですぐに冷たくなるため、冬はコンクリートに覆われている床下の空気も一緒に冷やされます。

パナソニックホームズHPより引用

つまり外気で冷やされた空気が室内に循環することになるわけです。

そのため、冬は特に外気の影響を受けやすいため、パナソニックホームズの換気システムだけでは冬場の室温の維持は不可能だといえます。

冷気が降りてくる設計だったこと

我が家はリビング階段を採用していますが、リビング階段を伝って冷たい空気がリビングに降りてきます

冷たい空気が常にリビング階段から降りてくるため、暖房をつけていても部屋が暖かくなりにくいです。

しかも画像のようにリビング階段の途中に窓を設置したことで、窓からも冷気の侵入があります。

リビング階段についてはもう少し考えて構造を設計すれば良かったと後悔しています。

少なくともリビング階段に窓はいらなかったでしょう。

また、リビング階段についてはほかにも後悔がありますが、「実例公開!注文住宅のリビング階段で後悔した3つのポイントと改善方法について紹介」でも詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

 

冬の対策4つについて紹介

2度の冬を越して筆者が次に家を建てるなら必ずおこなう対策について考えました。

寒気が入りにくい窓を設置する

冷たい空気はおもに窓から侵入します。

そのため冷たい空気を通しにくい窓を設置することは非常に有効な方法です。

最近では冷気を通しにくい窓もオプションで設置できますし、中には標準仕様で冷気を通しにくい窓を設置している会社もあります。

ちなみにパナソニックホームズの窓も冷気を通しにくい窓が標準仕様で詳しくは「パナソニックホームズで採用した窓とは?メリット5つと間取りも紹介」で紹介していますのでチェックしてみだください。

リビング階段に仕切りをつける

我が家ではリビング階段から冷たい空気が降りてくるため、リビングに仕切りを設置しておけばよかったと後悔しています。

例えばリビング階段部分に扉やロールスクリーンを設置することも有効な手段です。

リビング階段に仕切りがあれば、階段からの冷気の侵入を防ぐことができます。

余談ですがリビング景観のため、「扉は設置したくない」という方はロールスクリーンであれば冬だけスクリーンを降ろしておけば冬の冷気の親友を防ぐことが可能です。

暖房器具を強化する

あたりまえですが、暖房器具を強化することも良い手段です。

性能の良いエアコンを設置することや、ファンヒーターを設置することも良いでしょう。

冬が寒いということを見越し、暖房器具を設置することを前提として家つくりをすすめていくこともおすすめです。

ちなみに筆者宅ではダイソンの空気清浄機能付きファンヒータを設置しています。

エアロハスを取り付ける

最後はやはりエアロハスを取り付けることです。

エアロハスとは簡単に言うと、1台のエアコンで家の室温を適正に保つパナソニックホームズ独自の全館空調システムのことです。

パナソニックホームズHPより引用

エアロハスを取り入れることで、夏でも冬でも快適な室温を保つことができます。

ただお値段も約250万円とそれなりにするため、導入する場合は慎重に検討が必要です。

しかし、エアロハスを導入するだけで今後ずっと快適な生活を手に入れることができるのであれば、必要な金額だといえるかもしれません。

ちなみに筆者はエアロハスを使用しませんでしたが、非常に後悔しています。

エアロハスを採用しなかった理由については「全館空調(エアロハス)から撤退した理由3選」で詳しく紹介しています。

ほかにもこちらの記事も非常におすすめです。

エアロハスの良い点や、懸念点について非常に分かりやすく紹介してくれています。

【必見】これから家作りを考えている方へ

家作りは本当に難しいです。

実際、筆者も間取りのことを十分に考えれていなかったために、冬は寒くなるという結果になりました。

そして、

家作りは3回建てないと、理想の家は作れないとも言われています。

筆者のような凡人には家を3回建てるなんて天地がひっくりかえっても無理です。

では、1回で理想の家作りを行うためにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、

  • 事前に多くの間取りを比較し検討することです

でもそんな大がかりのこと時間がないのでできません

そこでおすすめな方法を以下の記事で紹介しています。

【パナソニックホームズで建てる人】住宅展示場見学までにやっておくべき6つのこと

【パナソニックホームズが候補の人】住宅展示場見学までにやっておきたい6つの手順

住宅展示場見学までにすべきことを紹介しています。

しかも無料かつ在宅で行える方法です。

実践することで確実に家作りの後悔が少なくなる方法になっています。

特に、パナソニックホームズで建築を考えている方には非常に有益だと思いますので、是非覗いてみてください。

まとめ

パナソニックホームズの冬は寒い?ということについて紹介してきました。

結論をまとめるとエアロハスなしでは「冬は寒い」という感想です。

寒いのが苦手という方についてはパナソニックホームズではエアロハスの採用をおすすめします。

当然その分値段は高くなりますが、快適に過ごすためには必要な経費と考えた方が良いかもしれません。

是非後悔しない家づくりの参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA